Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

妊娠9週0日〜OLつわりの終焉、ジーン・ワルツ、ローズマリーの赤ちゃん

社長休ませて



平日並につわりのひどい日。社長説得も失敗。

というわけで、でかける予定をとりやめて、

またひとりごろごろ出産映画鑑賞会。



1本目は菅野美穂主演、海堂尊原作の「ジーン・ワルツ」。

まさにザ・マタニティ・ムービー。観てよかった。ちょっと泣いた。

主人公が産婦人科医という設定なので、計6人の妊婦が登場する。

あらゆる出産パターンが知れて、身がきゅきゅっと引き締まる。

ただ、脚本と演出がかなり惜しく、突っ込みどころ盛りだくさん。

原作で読んだほうがおもしろそう。



2本目は「ローズマリーの赤ちゃん」。

名匠ロマン・ポランスキー監督の古典オカルト・ホラー。

ホラーといっても、スプラッタシーンはほとんどなく、

心理的怖さのみなので、ビジュアル的恐怖トラウマは全く残らない。

怖さだけでいえば「ブラック・スワン」のほうがよっぽど怖い。

(私はホラー映画&スプラッタいっさいダメな臆病者です)



ある意味、オカルト映画というより、

究極のマタニティブルー映画、母性映画でもあると思う。

妊婦状態で観るとぞくぞく共感できた。

ちなみに撮影場所で使われたのは、

ジョン・レノン夫妻が住み、射殺された、あのダコタハウス。


ローズマリーの赤ちゃん



ちなみに主演のミア・ファローは、

(かわいい!大スキ!「カイロの紫のバラ」は何度観たことか)

ビートルズとインド旅行したり、

フランクシナトラやウディ・アレンと浮き名を流したりと、

いろんな意味で伝説の女優さんなのですが、

なんと養子含めて14人のお母さんなんだそう。それもすごい。



ところで、映画見つつ、アメリカンチェリーを1個食べて、

そのあと吐いたら、吐いたものが真っ赤っ赤。

一瞬、吐血かと思った。リアルホラー。

うむう、アメリカンチェリーの染色能力、おそるべし。

チェリー染めはなんかに使えそうな気がする。


banner_good.gif 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

踊る!うわばみ妊婦

うわばみ=大蛇、またはヤマタノオロチが酒に目が眩んで成敗されたことから、酒好きの大酒呑みのこと。このブログは、酒、食べ歩き、ダンス、猫、祭り、映画が好きな道楽人間が妊娠によって変化していく経緯を記録した、個人的妊娠メモです。

うわばみ妊婦マーク
banner_good.gif
↑参加しております。1日1回、
訪問記念クリックプリーズ☆

プロフィール

うわばみ妊婦

Author:うわばみ妊婦
イラストレーターのカワハラユキコです。お仕事サイトはこちら。最新のブログはこちら。twitterはこちら。37歳→38歳初産。ダンナ=王子(正式名称・汚れたプリンス)、猫はレンぞう。みずがめ座AB型。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告



おもちゃ大賞【トイザらス】
ねこのきもち
生まれてすぐに必要なものをセットにしました♪
ミキハウス
パンパース特集【ベビーザらス】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。